軽自動車の車検とはどんなことをするのか

自動車を保有することで欠かせないことが車検です。正しくは自動車検査登録制度のことで、車両の保安のために法律に基づいて受ける検査のことであり、現状の日本においては4輪の自動車のほか2輪車では250cc以上のものに義務付けられています。このため当然ながら軽自動車でも検査を受ける必要があります。検査の内容としては、新車登録がされてから3年後に行い、2回目以降は2年毎に行います。検査そのものは継続検査といい、この検査を受けなければ日本国内での公道を走行することができません。検査の内容としては、法律で定められた保安基準を満たしているか、また排気ガス規制を満たしているかといったことが行われます。検査は満了日の1ヶ月前から受けることができますが、検査にはいくつかの種類があります。

車検を受けるための選択肢について

検査を受ける選択肢としては、2通りありひとつは陸運局に直接持ち込み検査を受けさせるほか、陸運局の認可を受けている自動車整備工場などで検査を受けさせ、書類だけを陸運局に持ち込む方法があります。陸運局に直接持ち込む場合には個人でも行うことができ検査にさえ通れば法定費用だけで済ませることができます。一方でディーラーや自動車整備工場、また専門店などに持ち込むと認可された工場で検査を行うことになりますが、同時に自動車の整備も行われるため法定費用以外の費用が必要になります。ただ整備内容は業者によって異なってきますから、費用も異なってきます。特にディーラーの場合には高額になりがちですが、近年の専門店では費用を抑えたプランも提供されており、以前と比べて業者に依頼しても格安で検査を受けさせることができます。

軽自動車で必要な費用と時間について

軽自動車の車検費用として絶対に必要な法定費用は36570円です。内訳としては自賠責保険26360円(24ヶ月)、重量税8800円、手続きに必要な印紙代が1400円です。このため陸運局に持ち込むことで受ける場合には、この金額が必要です。ただしこれらは一回で検査に通った場合で、保安基準や排ガス規制を満たしていないといった場合には、それらの改善費用が必要になります。特に年式の古いものほどこのリスクが高くなります。一方でディーラーに依頼した場合には5万円から10万円程度、自動車整備工場では6万円から12万円程度、専門店では3万円から8万円程度が、法定費用にプラスして必要です。特に年式が古いほど調整や部品交換などで費用が高くなります。検査に必要な時間は、業者に依頼した場合には1週間程度ですが専門店のスピード検査では予約をしておけば当日中に検査を終えることも可能です。

販売だけでなく管理まで行う、オーナー第一主義会社がアイケンジャパンです。 土地をお持ちの方も収益を生み出し有効活用していくことが可能です。 アパートは防音性能・耐震対策を配慮したつくりとなっております。 当社は【土地が無くてもできるアパート経営】をご提案しております。 独自の防音システムを採用しているので、騒音トラブルによる退去での家賃収入減を事前に回避できます。 土地活用をお考えならアイケンジャパンがおすすめです