初めて軽自動車を車検に出す人のためのチェックポイント

自動車を公道で利用するためには、定期的に車検を取得する必要があります。車種や年式などによって期間は1~3年と異なりますが、一般的には2年ごとに検査を受けることになります。基本的に軽自動車の場合はコスト面で少ない負担で済むのですが、だからと言って何の準備もしないまま業者に預けてしまうのは賢明とは言えません。すでに何度も受けている人ならば注意点も体験から察することができる場合も増えますが、初めての人は経験も知識もないので非常にもったいない結果になる可能性が高まります。「どこに依頼すれば良いのか」「どこに注意すれば良いのか」と言った基本的なポイントを把握しているだけで結果はまったく違います。まずはそういった特徴をよく覚えておくと、失敗のリスクを減らせます。

選択肢(作業担当)を厳選するポイント

軽自動車の車検時に限ったことではありませんが、まずは「どうやって必要な整備を行うのか」を決めることが必要です。と言っても、ほとんどの人は「専門業者に依頼する」などの選択肢を選びますが、その大きな理由は「他に選択肢を知らないから」です。実は、必要な整備をすることができさえすれば専門業者に依頼しなければいけないという決まりはなく、それこそ自分で整備をして検定を通すこともできます。ただ、自身で行うためには必要な知識や設備(工具類など)を揃える必要があるほか、作業に充てる時間も確保しなければいけません。単純に負う負担が大きくなりやすいことがデメリットです。ただし、代わりに金銭コストは大きく節約できる可能性もあり、状況によっては非常に大きなメリットがあります。

「何を一番重視したいのか」を整理しておく

普通自動車の場合は5~15万円ほど、軽自動車の場合は3~10万円ほどの費用が掛かる車検では、「コストを抑える」という目的が良く選択されます。料金面で開きがある理由として、「業者を利用するのか、個人で行うのか」という違いのほかに、「車両の現状と期待する状態」の違いがあります。まず、業者を利用する場合は「業者の利益」が上乗せされる形になるので、当然ですが個人で対応する場合よりもコストは高くなります。ただ、その分だけ確実で高い成果を上げられる可能性が高くなります。また、「最低限度検定に合格すれば良い」という内容で整備を行う場合と、「一切の不安を取り除く」という内容で行う整備には違いがあります。当然、後者の方がコストはかかるため、その点をどうするのかを決めておくことも大切です。