普通自動車と軽自動車の車検の違い

自動車に乗っている以上、様々な維持費がかかってくるのは仕方ないものでもあります。動かすためには、ガソリン代やオイルの交換が必要不可欠ですし、それだけではなく、税金も必要になってきます。また、国が決めている車検制度にきちんと合格しなければ、安全性などに疑問があるということで公道を走ることもできないことがあるのです。そのために、ディーラーなどの車屋さんできちんと整備を行ってもらうことで安心して自動車に乗ることができるようになるのです。この車検ですが、普通自動車と軽自動車で違いはあるのでしょうか。車の区分が分かれているか限り、何かしらの違いはあるはずなので、それがどのようなことになるのか考えてみることでお得になるのか、または必要なものなのかを理解していきます。

軽自動車と普通自動車の車検の違い

自動車には普通車と軽自動車という分類ができると言えます。軽は普通車に比べて規格も小さく、エンジンも小さいのでパワーが出ないという面があります。その一方で小ささを売りにしていて、街中で乗りやすいので重宝される側面も持ち合わせています。検査を受ける時の違いというと、検査を受ける場所が違っています。普通車は陸運支局で検査を受けますが、軽は軽検査協会と言われる場所で検査を受けることになります。もちろん、どちらも同じ自動車ですので、国が定める安全のための基準、保安基準は同じものが採用されています。しかし軽の方が、走行距離が短いこともあり、比較的軽く見てもらえる部分もあると言えます。しかし、安全面にことですので、軽も細かな箇所を判断して、基準を満たしていなければ不合格となります。

構造的な違いと料金的な違いとは

軽と普通車の構造的な違いと言えば、車体の大きさとエンジンの大きさであると言えます。普通車はエンジンが大きいので、その分パワーもスピードも出やすいと言えます。しかし、それだけ走る分、様々な場所が痛んできたり劣化したりすることもありますので、注意が必要になってきます。もちろん、しっかりと走ることで悪くなる部分も増えて修理金額が多くなることがあるのです。それと、検査をするにあたって、料金の比較は大事になってきますが、部品代というものは変わりません。しかし、普通車の方が部品も沢山使われていたりしますので、部品代が大きくなります。さらに検査の時には重量税と言われる税金も必要で、これも軽と普通車を比べると圧倒的に普通車の方が金額は大きくなっていますので、軽の魅力がわかるはずです。